下着を剥ぎ取られ、赤く充血した秘肉を

さらけ出され、気の遠くなるほどの長い愛撫に、

やがて自我は崩れ去り、一匹のメスと化してゆく…

 

 

 

 

 

 

自ら肉棒を求め、歓喜の喘ぎ声を

部屋中に響かせながら絶頂を繰り返す。

 

社長が腰を動かすたび、奈々の体は

ビクビクと揺れ、太い肉棒が秘壷の

奥の奥まで貫いてゆく

 

ついに我慢も限界に達し、

奈々の中で果てる社長。

 

パックリとだらしなく口を開いた

膣口から精液と愛液と唾液が混ざり

合った白濁液が流れ落ちる頃、

身も心も社長のモノへとなっていくのであった・・・