3年前に先立たれた夫のことを忘れたくても忘れられない未亡人「奥村沙織」の身体は気持ちとは裏腹にいつも男を求めていたのかもしれません。

 

夫の三回忌を迎えるもまだ少し寂しげな様子の沙織。そんな彼女の色っぽさにムラムラきた友人男性に少し触れられただけで、体が素直に反応してしまいます。

 

長い間彼女自身も気づいていなかった沙織の中のエロの欲求が爆発してしまったようです。胸や股間を服の上から弄られて感じずにはいられなくなってしまい、久しぶりのオチンチンを口いっぱい頬張ってただならぬ食感に再びエロスに目覚めた沙織。

 

気づくと自分から股を開いて彼を受け入れます。大量の精子を中出しされるまで身を震わせて興奮し続けるのでした。