酔いつぶれた旦那を家までつれてきてくれた同僚の男。

その男に最近ご無沙汰、ということを知られてしまった。

 

男は私にせまり、ネチッこく責めてきました。

最初は夫の面前、ということもあり、抵抗しましたが、

執拗な彼の愛撫にすっかり魅了されてしまいました。

 

そこからは彼をベットに誘い、汗だくになりながら

お互いのカラダを貪るように愛しみました。

 

旦那を裏切っているという背徳感も手伝い、

いままでに感じたことのない快感に酔いしれながら

絶頂をむかえてしまいました。

 

こんな快感を知ったら、もう旦那じゃ満足できません。。。