スペイン人ハーフのがRayちゃんがHEYZOに初登場!

 

美人小説家として売るにもイマイチのRayが

編集者に薦められて官能官能小説にチャレンジすることに。

 

天才小説家と言われている彼女のプライドが

許さないながらも、官能小説を読んでいると

ムラムラした気分を抑えられずローターと

バイブで一人エッチを堪能。

 

リアリティーにかけるから実践してみましょうという名目で

ご無沙汰だったRayさんのおっぱいを鷲掴みにし

乳首に吸い付くと途端にイヤラシイ声が漏れ始める。

 

尻を突き出させパンツをずらすと、

つるっつるテカテカのパイパンビチョビチョまんこが。

 

するっと指をくわえ込むと大量の潮を吹く

淫乱小説家をバックから激しく突くと

「オマンコきもち~~」と何度も絶頂に達する。

 

最後は

「私のビチョビチョのオマンコの中に出してほしいの~」
と淫語を連発!

実体験を元にもっともっとエロい小説を書いてほしいものですね。