浅川サラ 首を絞めろ!極悪非道の逆さ吊り水責め地獄!無修正エロ動画

浅川サラ

提供元:ABBY

とらわれの身のサラ。連行された地下室で調教拷問。

そこには拷問の数々の器具が置かれている。首輪を付けられ殴る蹴るの暴行を受け、首を絞められる。窒息していく瞬間は白目を剥くので、その瞬間で手を放す。意識が遠のくも男達の不必要な仕打ちに気を失いそうになる。でもその瞬間に痛みが襲い、正気に戻る。これぞ無間地獄。逆さ吊りにされ水につけられ、口の中に蝋燭をたらされ、男達の顔が段々地獄の鬼に見え始めてくる。

いつまでこの苦痛は続くのか? 不安にかられるサラ。でもその不安と苦痛が限界に達するとアドレナリンが大量放出され、徐々に快感に変わる。快感と苦痛が交互に襲ってくる無間地獄。

エッチなコラム

女性が気持ちいいバックのピストン運動

男性はピストン運動をしていて、ストロークが大きい方が刺激がありますし快感を得やすいです。また、AVではピストン運動によって女性器に対して、男性のペニスの出入り(ストロークの大きさ)を映すを大切にしています。しかし、基本的にですが実際に女性が気持ちいいと感じるピストン運動はストロークが大きく、打ちつけるようなピストン運動ではありません。

ペニスを押し付けるように少ない伸縮で十分に女性に刺激を与える事が出来ますし、女性にとっては長いストロークよりも短いストロークで、速いテンポで小刻みに腰を動かしたほうが、Gスポットや他の性感帯が刺激されやすく、イキやすくて気持ちがいいですね。

また、ピストン運動自体も、急激に早くしたり、ピストンを力強くするよりも、一定のパターンで動く方が女性は女性はよりオーガズムを迎えやすくなりますよ。(上記画像の①の刺激リズムでは無く、②のような一定のリズム)

女性の喘ぎが強くなり、イキそうなのかなと男性は思い、急激に力強さを強く、スピードを早く行う男性はいますが、逆にイキにくくなってしまう事もあります。女性はオーガズムを迎える時に自分で体を調節もするため、女性がイキそうになり、急激に速度を変えたり、するのではなく、一定のペースやパターンで刺激を続けてあげる事で挿入時にもイキやすくなりますよ。

バックが人気のある理由とは

バックが体位の中でも人気があるのは、どうしてでしょう。正常位の場合は、自然な体勢で行うことができ、相手の反応や表情を楽しむことができるところが人気の秘密だといえます。

それに対して、バックは最も動物的な体位です。ほ乳類の多くが誰からも教えられることなく本能として行っている交尾がバックです。人間が持つ動物としての本能ともいえる体位です。

そして、四つん這いという体勢は、日常生活においてほとんどすることがない体勢です。遙か昔の人類が、王族を崇めるために地面にひれ伏しているスタイルに似ています。つまり、この体勢は従属している者の証しとして人間の記憶に刻み込まれています。

従者がしていたような体勢で、挿入されれば、女性は屈服させられたような感覚を持ち、男性は支配しているような感覚を持ちます。つまり、非日常的な感覚でセックスをすることができるのがバックだといえます。

さらに、自分の感じている表情を見られる恥ずかしさがないので、より素直に快感を受け入れて、感じることができるのもバックの魅力のひとつといえます。

多くの男女が行っているバックは、女性が四つん這いになっている通常のバックと女性が立っている立ちバックがあります。

通常のバックといっても、女性が四つん這いになっている状態で挿入をするだけではなく、女性が四つん這いの状態からひじを曲げて胸の辺りを床につけて挿入するバックがありますし、両手を後ろにまわして男性につかんでもらい上半身を起こして下から突き上げるように挿入するバックもあります。

女性の体勢を少し変えるだけで挿入の快感や興奮度合いも変わってきますので、2人でより気持ち良いバックの体勢を見つけてください。

Hey動画PPVへ無修正動画を見に行く