熟れれば熟れるほどスケベになっていく女の性。

そのことを裏付けるかのように目黒区で彼女に出会えました。

 

豊満な乳房、ぷっくりした桃尻。

存在感たっぷりのそのカラダから彼女は訴えた

 

「ほしいの…ガチガチの男根が…」

凄まじいメスの香りと匂いたつ濃密なフェロモンが男を誘う。

 

そして欲求不満に焦らされたマダムの底なしの性を

目の前にした男は欲望破裂寸前。

 

愛液で湿った極上あわびを激しく突かれ、悶絶しまくり!

潤い絶えない美しいFカップ五十路をご覧あれ。